ネックレスの選び方

カートを見る

ネックレス・ピアスのプレゼントがおトク

HOME > コーディネートアイデア > ネックレスの選び方

ネックレスの選び方

長さで選ぶ

短めのネックレスは、首のまわりに沿うので、顔周りを華やかに見せることができます。
長くなるほど存在感が出てゴージャスになりますが、大切なのは、服とのバランスです。

●チョーカー:約35センチ
首まわりにぴったりフィットする長さで、フォーマルにもカジュアルにも使えます。

●プリンセス:約40~43センチ
さまざまなシーンで使える、最も一般的な長さ。
チョーカーよりも少し長めで、ブラウスの胸元につけるにはちょうど良い長さです。
スーツに合わせるには、この長さが最適です。

●マチネ:約53センチ
鎖骨の下あたりにくる長さで、首元をすっきりとみせたい時に効果的です。
カジュアル感も演出できます。

●オペラ:約71センチ
イブニングドレス用として使われるなど、改まった場にふさわしい長さ。
ワンピースに合わせやすいネックレスです。

●ロープ:約107センチ
フォーマルにもカジュアルにもなる長さ。
二重巻きにしたり、結んで使うなど、さまざまなアレンジや上級者向けのおしゃれができる長さです。

首にあわせて選ぶ

首の長さや太さを考えた選び方も必要です。

太くて短い首には...
チョーカータイプは、首の太さを強調してしまうので注意が必要です。
太めのネックレスやボリュームのあるもの、極細のものも、首の太さを強調します。
45~50センチ程度のネックレスやペンダントで、首まわりに余裕をもたせると、すっきりとした印象になります。

細くて長い首には...
極細のネックレスは、首周りが貧弱に見せるので避けた方がよいでしょう。
チョーカータイプや、立体的なデザインのもの、重ねづけなどでボリュームを出せば、首周りがさびしい印象から華やかな雰囲気に変わるでしょう。

複数の組み合わせ

シンプルで細くネックレスは1本あると、重ねづけにも使えるので便利です。
たとえば、同じように細いチェーンタイプのものを何本か重ねてみましょう。
ボリュームがあるのに、軽やかな印象のスタイルになります。

同じタイプのネックレスの重ねづけは、細さを揃えて3本以上使うときれいです。
さらに均等な間隔があくぐらい長さを変えると、おしゃれにきまります。

ヘッドのついたペンダントでも、ヘッドが縦に並ぶように長さをかえてつけると、きれいに決まります。

Vゾーンと肌の色に合わせて

ドレスのような胸元が大きくあいたものには、何連もあるネックレスでVゾーンを飾ったほうが、ゴージャスな雰囲気になり、肌の色をキレイに見せてくれます。
また、背中のあいたドレスなら、留め金にも注意しましょう。留め金もおしゃれなデザインなら、バックの美しさを強調できます。

天然石

色のある天然石のネックレスは、バッグやストールの柄の色のひとつと揃えると、おしゃれに決まります。
茶系の石は少々個性的なデザインでも使いやすいので、形や組み合わせで遊んでみましょう。

プレゼントに人気のネックレス