シーン別ネックレスの選び方

カートを見る

ネックレス・ピアスのプレゼントがおトク

HOME > コーディネートアイデア > シーン別ネックレスの選び方

シーン別ネックレスの選び方

パーティーシーン

結婚式や披露宴など正式な場での装いは、服もジュエリーも品格のあるものでコーディネートするのがマナーです。
ネックレスとイヤリング、または、リングとブレスレットを同一素材で揃えておくと、コーディネートがしやすくなります。統一感が出て品のあるスタイルが完成します。

宝石はもちろん、ネックレスのチェーンやリングの台に使われる貴金属も同一素材でそろえましょう。
モチーフを揃えるというのもおしゃれです。
花やハートで揃えるとおしゃれ上級者になれますよ。

夜のパーティーであればライトを意識しましょう。
ライトの下で光り輝くジュエリーなら注目が集まること間違いナシ。
ライトが当たると光があらわれるスタールビーやスターサファイア、キャッツアイ、アレキサンドライトなどが、夜のフォーマルにぴったりのジュエリーです。

ただし、装飾の多いドレスの場合には、ジュエリーはシンプルにした方がよいでしょう。
その方が、ドレスが引き立ちます。
ドレスとのバランスを考えることが大切です。

普段使い

オフィスでは、シンプルで自分も人目も気にならないジュエリーがよいでしょう。
長すぎて邪魔になるようなネックレスやペンダント、電話の邪魔になるようなイヤリングは避けたいものです。

ただ、シンプルなものばかりだと楽しめないですよね、
そんな時には、ネックレスを重ねづけしたり、個性的なデザインでおしゃれに決めてみましょう。

オフの日にはぞんぶんにおしゃれができますが、ここぞとばかりにジュエリーだからにするのは逆効果です。
やはり服とのバランスはもちろんですが、ネックレスが主役なら他のアクセサリーは控えめにするなど、全体のバランスには気をつけましょう。

休みの日はリラックスする時間でもあります。
気持ちを安定させる力のある宝石をつけるといったこともおすすめです。

お葬式

お葬式では、基本的にはアクセサリーはつけません。
日本ではパールを使う習慣がありますが、パールであれば何でもよいということではありません。

好ましい色は、黒、白、グレー。
キラキラと輝くものは避けましょう。
金具が金色で目立つものはふさわしくありません。

ネックレス形はチョーカータイプが適しています。
小さめの粒の、一連レックスが最適です。
二連、三連のものは、凶事が重なると嫌われますのでNGです。

石のついたリングははずしましょう。
シンプルな結婚指輪であれば問題ありません。
ネックレスとイヤリング、またはネックレスとリング程度の組み合わせのみにするのが礼儀です。

和服であればジュエリーは一切不要です。

プレゼントに人気のネックレス