フォーマルシーンでのジュエリー選び

カートを見る

ネックレス・ピアスのプレゼントがおトク

HOME > コーディネートアイデア > フォーマルシーンでのジュエリー選び

フォーマルシーンでのジュエリー選び

冠婚葬祭用のジュエリーといえば真珠。あらゆるカラー、布地にマッチするので失敗のないアクセサリーといえるでしょう。
ただ、真珠でなければならないという理由はありません。
派手なデザインや色のジュエリーをつけてもよい場所やシーンも多くあります。
大切なことは、その場面にふさわしいジュエリーかどうか。個性的なものであっても、マナーが守られていれば問題はありません。

トータルで揃える

結婚式や披露宴、パーティーなどフォーマルな場面でのファッションは、ジュエリーも格式高いものをコーディネートします。

粒や色の揃っているものをつけると、統一感が出て品のあるコーディネートが完成します。
たとえば、ネックレスとイヤリングや、ネックレスとブローチ、リングとブレスレットを、同じ宝石で揃えてみましょう。
もちろん、宝石だけではなく、チェーンやリングの台などの貴金属も同じ素材にそろえます。

異なる宝石でも、ハートや花など、モチーフを揃えるのは、おしゃれ上級者ですね。

アフタヌーンジュエリー

洋装では、時間によってドレスの約束事があり、その時間にふさわしいファッションとジュエリーが求められます。

昼の正装では、襟が詰まったものというように肌の露出を控えめにします。
結婚披露宴やパーティーで着る昼のフォーマルドレスは、本来は肌を露出しない、慎ましやかな雰囲気のものが好ましいとされています。
合わせるジュエリーもエレガントでナチュラルなものがよいでしょう。
パールや、落ち着いた色調のトルマリンやアクアマリンは昼の自然光によく映えます。

夜は照明を意識して

夜のパーティーでは、照明の下で輝くようなジュエリーを選ぶのもおしゃれです。
昼間の太陽の光のもとでは、エメラルドのように輝き、夜の白熱灯のもとではルビーのように赤く輝くアレキサンドライトなどは、夜のフォーマルシーンにふさわしいジュエリーといえるでしょう。
スタールビーやキャッツアイ、スターサファイアもおすすめです。

夜のパーティーは、昼間よりも華やかなファッションなることが多く、肌を露出することも多くなります。
装飾性の高いドレスも多いので、ジュエリーはシンプルにした方が、ドレスが引き立ち、肌を目立たせることになります。
すべてを装飾性の高いものにするのではなく、全体のバランスを考えることが大切です。