お葬式でのジュエリー選び

カートを見る

ネックレス・ピアスのプレゼントがおトク

HOME > コーディネートアイデア > お葬式でのジュエリー選び

お葬式でのジュエリー選び

喪服には、基本的にはジュエリーはつけません。
ただ、日本ではパールを使う習慣がありますので、お悔やみの場に合ったパールであればよいでしょう。

真珠は人魚の涙といわれるためお葬式に選ばれますが、繰り返さないという意味から、ネックレスは一連のものを選ぶのが一般的です。

飾り立てないこと

パールも、特に最近は色の種類が増えていますが、お葬式にふさわしいのは、黒・グレー・白です。
もちろん、金色の金具のものはふさわしくありません。
白は、キラキラするタイプもありますので、輝くものや目立つものは避けましょう。

チョーカータイプの一連ネックレスで、粒が小さめのものが最適です。
二連・三連のものは、凶事が重なるとして忌み嫌われますので避けましょう。

リングをするなら、シンプルな結婚指輪のみにしましょう。石のついたものは、外すほうがよいでしょう。
または、石を手のひら側にまわして見えないようにします。
ブレスレットやブローチは避けましょう。ネックレスとイヤリングかリング程度にするのが望ましいコーディネートです。

着物にはジュエリー不要

お葬式での和服には、ジュエリーは一切不要です。
もともと和服ネックレスやブレスレットなどのジュエリーは不似合いなものです。
喪服での装飾は必要ありません。

プレゼントに人気のパールネックレス