イヤリング・ピアスの基礎知識

カートを見る

ネックレス・ピアスのプレゼントがおトク

HOME > ジュエリー・宝石基礎知識 > イヤリング・ピアスの基礎知識

イヤリング・ピアスの基礎知識

イヤリングやピアスは、小さくて目立たないようで、コーディネートの中では意外とはっきりと存在感を示すアイテムです。

さりげなさを優先するならピアスでしょう。
ピアスホールに負担をかけないように軽量に作るものが多いので、小ぶりのものが多くなります。

ボリュームを重視するならイヤリングでしょう。
同じようなデザインでも、ピアスよりイヤリングの方が存在感のあるものが多くなります。

シルエットによるイヤリング・ピアスの呼び名

●ボタンタイプ
耳たぶにぴったりとつくフィット感のあるタイプをいい、イヤージュエリーの基本ともいえる形です。
はじめてイヤリングやピアスをつける場合は、一番自然な形になるので入りやすいでしょう。

●ドロップタイプ
耳たぶからぶらさがるタイプ、ゆらゆらとゆれる動きがまた違った印象を与えることがあります。
パーティーの場ではよく使われ、宝石を使ったデザインも多くあります。
また、エスニックな雰囲気のものもあります。
顔の輪郭の近くで縦を強調するので、顔をスリムに見せる効果があります。

●Gタイプ
前にも後ろにもデザインがあり、耳たぶをぐるりと包み込みます。
どの角度から見ても美しいジュエリーです。

留め金の種類によるイヤリング・ピアスの呼び名

●ピアス キャッチタイプ
ポストと呼ばれる軸の部分をピアスホールに通し、耳の後ろからキャッチと呼ばれる留め金で固定するタイプ。
小さな一粒ジュエリーなどに多いタイプ。

●ピアス フックタイプ
ピアスの穴にひっかけるタイプ。
つけていて楽というので人気。動きにつれてゆれるデザインのものが豊富にあります。

●イヤリング スクリュータイプ
耳の後ろのねじを回して耳たぶに固定する。
ねじの部分にバネがついたものもあり、耳たぶの厚さに合わせて留めることができるので、耳たぶが薄くて落としやすい人に最適です。

●イヤリング クリップタイプ
耳たぶをパチンとはさむタイプ。
金属アレルギー対策のために、留め金部分にプラスチックのカバーがついたものも増えています。

プレゼントに人気のピアス