鑑定書&鑑別書

カートを見る

ネックレス・ピアスのプレゼントがおトク

HOME > ジュエリー・宝石基礎知識 > ダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドの選び方

鑑定書とは

「鑑定書」は、グレーディングレポートと呼ばれ、ダイヤモンドについての情報を、4つのカテゴリーであらわしたものです。

4つのカテゴリーとは、
・カラット(重さ)
・カラー(色)
・クラリティー(透明度)
・カット(カットの善し悪し)
です。

高価なものほど、証明した書類があれば大丈夫と安心する人が多いはずです。

日本では、0.1カラットから、この「鑑定書」が発行できます。
「鑑定書」を発行するには費用が必要なので、わざわざコストをかけてまで「鑑定書」をつけているのは良いダイヤモンドである、という考え方もできるでしょう。

ただ、鑑定の規約は変わることがあるため、時代によって等級が変わってしまうこともあります。
つまり、「鑑定書」は絶対的なものとはいえないのです。

鑑別書とは

鑑別書は、「鑑定書」と間違われることが多いいのですが、宝石であればダイヤモンドでなくてもつけることができるものです。
明確な等級があるわけではありません。
光学的検査や拡大検査など主に非破壊検査を行い、何の宝石なのかを特定したものです。
つまり、宝石の種類を示した証明書です。

ちなみに、「鑑定書」はダイヤモンドにしかつかないものです。

大きさ

ダイヤモンドを選ぶ際には、やはり大きさをポイントにすることが多いでしょう。
大きければ大きいほど見たときの表面積が大きくなるので、より輝くことになります。

大きさは、カラットという単位であらわします。
1カラット=0.2グラムです。
カラットとは大きさの単位ではなく、実は重さの単位なのです。
ただ、重ければ大きくなるので、結果的には大きさをあらすことになります。

1カラットの平均直径は6.5ミリです。
他の宝石と比べてずいぶんと小さなイメージがありますが、輝きが強い分存在感があります。

色は、「D to Z 式」で等級づけされます。
「Dカラー」が最高の色、無色をあらわし、「Zカラー」になるにつれ黄色さを増していくことになります。

「Dカラー」、「Eカラー」、「Fカラー」が、カラーレスと呼ばれる無色に見える範囲です。
正確には、少しずつ黄色さがあるのですが、比較をしない限り単体では色がついているのがわからない程度というのが、このトップ3です。

単体で色がわからない範囲は「Hカラー」がボーダーラインといわれます。
比較をしない限り、黄色さはわかりません。

透明度

透明度は、10倍に拡大して正面から見たときに、透明度をさえぎる物質が、内部・外部にどれぐらい入り込んでいるかをあらわします。

透明度が高いものから「FL」「IF」「VVS1」「VVS2」「VS1」「VS2」となり、よくVがつくクラスが良いといわれます。
ただ、その下のランクとなる「SI」「SI2」のSIクラスでも、拡大してはじめてわかる程度です。
大粒のダイヤモンドでなければ、十分、きれいな印象が得られるものです。

カット

カットは、最高をあらわす「Excellent」から「Very Good」「Good」「Fair」「Poor」となります。
カットは、輝きを左右します。
「Excellent」になるほど、理想のカットとなり、輝きが増すということになります。

カラーダイヤモンド

ダイヤモンドは、無色から黄色までD to Z 式で等級づけられますが、その基準ではつけられないものもあります。
無色のものというイメージのダイヤモンドですが、意外にもカラーバリエーションが豊富になります。

ブルーやレッド、ピンク、ブラック、ホワイトなどが存在します。 いずれも希少価値が高く、通常のダイヤモンドの価格とはまったく違った金額で売買されています。

カラーダイヤモンドは、純色に近いものは少なく、純色に近いものほど金額が高くなります。

黒い宝石といえば、オニキスが定番ですが、ブラックダイヤモンドも人気です。
ダイヤモンドは硬いため、小さいサイズまでカットすることができ、小さくてもダイヤモンドならではの輝きがあります。
黒く不透明なダイヤモンドでも、輝きは他の宝石には負けません。
小さくても存在感は十分です。
カラーダイヤモンドは、通常のダイヤモンドよりも気軽に身に着けやすいというのも人気の理由です。