天然石

カートを見る

ネックレス・ピアスのプレゼントがおトク

天然石とは

天然石とは、自然の鉱山から産出した天然の宝石のことです。
ただし、天然石には、自然のままで何も処理をしていないものと、処理をしたものがあります。
店頭に並ぶ宝石は、ほとんどのものが何らかの処理をしてあるものです。

処理には、原石に熱を加え、色を鮮やかにする加熱処理があります。
また、オイルをしみこませることで、石の亀裂を目立たなくし、発色をよくする含浸処理があります。

処理は、宝石のもつ美しさを引き出すものです。
処理をしなければ、流通される宝石は激減し、価格は高騰してしまうでしょう。
処理をすることによって、流通量を増やし、多くの人が手に入れられるようにするというはたらきもあるのです。

加熱処理は、多くの宝石で行われています。
もともと宝石は、加熱と加圧によってできたものですが、それが足りないものがたくさんあります。
足りなかった加熱を人の手で加えることで、美しくなるのです。
すべての宝石が加熱で美しくなるわけではありません。

含浸処理は、エメラルドなどの宝石で行われます。
原石をカットする際に、石の内部から液体などが、もれ出てしまうことがあります。
そうすると、隙間ができて、元の色や美しさが損なわれてしまいます。
その隙間を埋めるために、含浸処理を行います。

天然石以外にも、さまざまな宝石があります。
合成石は、人の手によって、天然石のように作られた宝石です。
化学組成や結晶構造が天然石と同じで、純度が高いという特徴があります。
人間が作った、自然界には存在しない人造石というのもあります。
カジュアルに気軽に使える宝石として人気です。