似合うイヤリング・ピアスの選び方

カートを見る

ネックレス・ピアスのプレゼントがおトク

HOME > 似合うアクセサリー選びのヒント > 似合うイヤリング・ピアスの選び方

似合うイヤリング・ピアスの選び方

イヤリングやピアスは、顔にもっとも近いところにあるので、人目をひきやすく表情のアクセントになるアクセサリーです。
ファッションやシーンに合わせて選ぶことはもちろん、顔の形との相性も考えて選びましょう。

最近は、片耳だけのシングルピアスや、左右デザインの違うピアスもあります。
個性的な演出が工夫できるアクセサリーです。

顔の形との相性

・丸顔
ドロップ型かフープ型び小さめのものがよいでしょう。
大き目のボタン型やボリュームのあるものは避けましょう。

・面長・四角い顔
小さめフープ型やボタン型が良いでしょう。
大き目のドロップ型や角ばったデザインのものは避けましょう。

・逆三角形顔
ドロップ型や少しボリュームのあるものが良いでしょう。
縦のラインを強調するデザインのものは避けましょう。

メイクとのバランス

イヤリングやピアスは、メイクカラーとのバランスも考えましょう。
リップの色、アイシャドウの色、ファンデーションの色と、ピアスが合っていないとおかしな印象を与えます。
特に、色のある宝石や石を使ったイヤリングやピアスの場合は、メイクとのカラーコーディネートは重要になります。

ダイヤモンドやパールなら、色使いに自信がなくても安心。どんなファッションにもあわせられます。

丸型の顔

耳たぶにぴたっと大きな丸いイヤリングをつけると、丸い顔を強調します。 ピアスなら、あまり大きなサイズのものにはならないのでおすすめ。
小さめの、耳たぶにぴったりとつけるのではなく、少し長さがあってシャープで揺れるタイプのものであれば、大人っぽい雰囲気になります。

卵型の顔

イヤリング・ピアスが一番似合う形といえるかもしれません。
形やデザインを選ばずに、さまざまなテイストのものが似合います。

逆三角形型の顔

大きめのボリュームのあるものも似合います。
デザインは、あまり凝ったものではなく、すっきりとしたものの方がおすすめです。

四角型の顔

顔の大きさを強調しないのは、流れを感じさせるものです。
曲線や直線でもよいので、耳からフェイスラインにそって流れのあるデザインを選ぶと、やわらかい雰囲気が出ます。

スポーツの時

健康的な肌につけたピアスは、女性らしさを感じさせつつ美しさを強調してくれます。
プレー中のことを考えて小さくてシンプルなものがよいでしょう。
清潔感のあるデザインもポイントです。

オフィスで

ベーシックでプレーンなものがよいでしょう。
知的な雰囲気のあるものを。
仕事の邪魔にならないことが大切です。

プレゼントに人気のピアス