指をきれいに見せるリングの選び方

カートを見る

ネックレス・ピアスのプレゼントがおトク

HOME > 似合うアクセサリー選びのヒント > 指をきれいに見せるリングの選び方

指をきれいに見せるリングの選び方

指が太い、短い、関節が目立つなど、指の形はさまざまです。
ただ、気をつけてデザインを選ぶだけで少しでも指をきれいにみせることができます。

太い指

指の縦のラインを強調するデザインを選びましょう。
V字型の指輪は、指の太さを隠して長く細く見せる効果があります。

ただし、細い華奢なリングは、指の太さとのアンバランスが目立ち、太さを強調してしまいます。
細い華奢なリングで太い指をきれいにみせたいなら、2本になっているなど、幅広のデザインを選びましょう。

太くても長い指なら、1本で幅広いものでも大丈夫です。

スパイラルデザインのような透け感のあるデザインは、指をすっきりと見せてくれます。

花などのかわいすぎるデザインは、手の雰囲気と合わないので避けた方がよいでしょう。

短い指

センターに石などポイントがあるデザインのものが、指の長さをあいあまいにしてくれるのでおすすめです。
V字型の指輪も、効果的です。

幅広のものは、指の横幅を強調するので避けましょう。
華奢なものや細いものを、指が太く短く見えます。

関節が目立つ指

インパクトのあるデザインや、立体感のあるもの、ある程度のボリュームのある指輪は、関節から視線をそらしてくれます。

細くてきゃしゃな指

太いものやボリュームのあるものは、リングと指がアンバランスになるので裂けましょう。
細いきゃしゃなデザインの指が、女性らしい指を引き立てます。
ハートや花のモチーフのものも、かわいらしい雰囲気を作ってくれます。

指が長すぎるのを隠したい、貧弱に見えてしまうという場合は、逆にボリュームのあるものをできれば複数するとよいでしょう。
特に横のラインを強調するようなデザインの方がボリュームを感じさせます。

リングのタイプ

・バンド型:全体が同じ幅のもの
・ソリテール型:輪に1つの宝石がついているもの
・スパイラル型:らせん状になっているもの。フリーサイズのリング
・ツインリング型:2つ以上の輪や石をデザインしたもの

身に着けてチェック

指にはめて鏡の前に立ちましょう。
自分の手と全身のバランス、肌の色との組み合わせを見てみましょう。
必ず身に着けて、自分にあっているのかチェックしましょう。

色のコーディネート

色を選ぶときに大切なのが、ファッションとのバランスです。
毎日常に身に着けるのか、オフィスで仕事の時につけるのかで、あわせてファッションのカラーも異なります。
また使う場面によっても変わってきます。
そういう意味では、どんな色のファッションとでも合わせられる無色透明のダイヤモンドは、安心してつけられる宝石です。

石の質

パーティーなどでワンポイントのおしゃれとして使う場合と、日常つける場合、時にスポーツや仕事でつけるのでは、石に求められる耐久性が異なります。
どんな場面でつけるのかを考えましょう。