恋愛・幸運・美しさのための宝石選び

カートを見る

ネックレス・ピアスのプレゼントがおトク

HOME > 幸せパワーで選ぶ宝石 > バイオレットサファイアの幸せパワーとは?

バイオレットサファイアの幸せパワーとは?

バイオレットサファイアは、肉体のいやし効果のある石です。
特にのどの痛みに対して効果があり、気管支系の働きを助ける効果もあります。

美しい声を保ちたい人や、のどを痛めやすい人は、日頃から身に着けておくことがおすすです。

紫には、免疫力や自然治癒力を高め、キズの治りをはやめてくれるパワーがあるとされています。

効能

のどの痛みを改善する
気管支系の働きを高める
免疫力を高める

歴史

バイオレットサファイアは、中世になって宝石として見出されました。
ブルーサファイアは、旧約聖書にも登場し、その美しさが賞賛されています。

サファイアを粉にして酢に溶かしたものを飲むと熱病が治るという説が2世紀ごろの医者によってとかれているように、肉体的な効能が古くから言われている石です。

メモ

ブルーサファイアの最高級品はコーンフラワーブルーと呼ばれ、深い青をしている。
インドのカシミール地方やミャンマーが産地としては有名だが、今はほとんど産出されなくなっている。
現在では、マダガスカルやスリランカで良質のものが産出されていて、人気となっている。

サファイヤには、青以外にも、ピンクやオレンジ、イエロー、パープルのものがあり、これらはファンシーカラーサファイアとよばれている。
同じ鉱物でありながら、このような正反対の色になる秘密は、内包物にある。
原石に、酸化クロム、鉄、チタンなどが、どのような割合で入り込んだかで、さまざまな色がうまれる。

青の最高級品コーンフラワーブルーと変わらない価値となっているのが、オレンジとピンクが混じった色のパパラチアと呼ばれるもの。
スリランカとマダガスカルで産出されるだけで希少価値が高く、人気も高くなっている。
他にも、オレンジサファイア、ピンクサファイア、イエローサファイアとよばれるものが、産出が少なく価値の高いものとなっている。